花
このエントリーをはてなブックマークに追加

費用が変わる

葬式を営むためにかかる費用について

葬式費用は高いというイメージを持っている人が少なくありませんが、どのような形式の葬儀にするかによってかかる費用が大きく変わってくることになります。昔からよく行われてきた仏式の葬儀を営む場合であれば、概ね200万円前後の費用がかかります。この費用の中には、僧侶に支払うお布施や戒名料なども含まれているのですが、位が高い戒名をつけてもらう場合には、もっと高額の費用がかかることになります。また、棺桶や祭壇のグレードを高くした場合も、総支払額が高額になります。一方、最近増えてきた家族葬形式の葬儀を営む場合であれば、50〜100万円前後が相場料金になります。一口に家族葬と言っても、どの程度の範囲の人を呼ぶかによってかかる費用が変わってきますので、よく考えてみる必要があります。

新しい形式の葬儀の特徴について

昔から一般的に行われてきた形式の葬儀を営む場合は、親戚はもちろんのこと、故人に縁のある人にはなるべく多く訃報の連絡を入れるようにするというのが当たり前になっていました。故人とごく近しい間柄であった友人や知人以外でも、故人の死の事実を知ることができれば是非最後のお別れをしたいと希望する人が案外たくさんいるものです。連絡が漏れてしまうと恨まれてしまう可能性もあるため、わかる範囲でなるべく多くの人に訃報の連絡を入れるようにするのが普通でした。しかし、最近 増えてきた家族葬の場合は、親戚や故人が特別親しかった友人等にしか連絡を入れないのが基本です。本当に故人の死を悲しんでいる人だけで最後の見送りをしようという趣旨なのですが、弔問客の数を少なくすることができるため、遺族にかかる負担を軽減することができるというメリットがあります。

注目されている

突然死など、故人が何の前触れもなく急逝した場合、残されたものが遺品整理をしなくてはいけません。ゴミや家具の撤去は正直心身共に疲れてしまうでしょう。助けになってくれるのが遺品整理業者なのです。

Read More

大変な作業

昨年父を亡くしました。葬儀もすんだ後、父が住んでいた本当に小さな家に遺品整理をしに行きました。そこはまるで足の踏み場もないくらいに色々な物が置いてあり手の付け所がなかったのです。

Read More

縛られない

人がなくなりと、お墓に入れることが一般化されていましたが今はその常識もなくなり散骨という新しい方法で葬儀をするようになっています。また様々な問題をスルー出来るのも散骨なので、注目してみましょう。

Read More